妻の浮気 離婚 養育費

妻浮気調査@探偵【早期行動で手遅れを防ぐ!】

MENU

養育費はあくまで子供のために支払いを!

妻の浮気で離婚したら養育費はどうなるのでしょうか?
親権が妻にあり、夫としては離婚原因を作ったのは自分ではないのに養育費まで払わないといけないなんてと思う人もいるようです。

 

しかし、養育費というのは、子どもの権利であって今後の生活や教育などに使用されるものです。
離婚した相手の生活のためではありません。
ですから、離婚原因と子どもの扶養義務は切り離して考えなくてはなりません。

 

金額については、それぞれの事情や状況をみて決めるものです。
規定があるわけではありません。

 

妻の浮気で離婚しても養育費は払わないとなりません。
不服であれば、調停などに持ち込んで期間や金額を決めるのが一番良いのではないかと思います。

 

妻側が言う金額を払わないといけないという決まりはありません。
どうしても感情が先に立つのは仕方がないと思います。

 

しかし夫婦の離婚と子どもの親権や養育費は切り離して考えないといけません。
どうすることが子どもにとって一番幸せなのかを冷静に考えることが大切です。

 

養育費に相場はあってないようなものです。
ただ子どもの権利として存在しています。